事業紹介

about

LTE-Xは、高セキュリティかつ高速大容量通信を安価に実現する、最先端の産業向けIoTです。

LTE-Xは、セキュアで高速/大容量なIoT プラットフォームを提供します。

 

米国nCore Communication, Inc. が開発したLTE トネリング技術の活用により、

高速/大容量、かつ高セキュリティが必要となるデータを扱う産業用IoTプラットフォームを提供する予定です。

 

現在、様々な企業がIoTに取り組んでいます。IoTデバイスは急増すると予測されており、

IoTデバイスの通信を担うライセンスバンドの逼迫とユーザトラヒックの激増に伴い、

アンライセンスバンドでLTE通信を行う技術(LTE in unlicensed spectrum: LTE-U)の検討が進んでいます。

 

米国では、クアルコム社が主導し、携帯電話技術標準化団体である3GPPで、

2020年頃の実用化を目指して、LTE-Uの標準化が行われています。

 

当社の技術を用いると、これらの技術を5年前倒しで実現可能です。

事業紹介

LTE-X 提供サービスの特徴

service
  1. デバイス・セキュリティ

    SIM・端末IDをベースに動的なセッションキーを用いて認証

    (ID・パスワードを使用せず)

    デバイス偽装が困難
  2. トランスポート・セキュリティ

    無線通信データの暗号化

    (SSL/TLSなどは負荷が大きく、IoTには不適なケースも)

    非力なノードにも適用可
  3. ネットワーク・セキュリティ

    データセンター・IoTハブ間の専用回線機能を提供

    別途のVPN契約が不要

LTE-X 機能概要

提供機能

内容

セキュリティ

エンド・トゥ・エンド・セキュリティ(上図)

モビリティ

高速ハンドオフ
(例)病院や工場構内での移動機器などへの対応

QoS

低遅延
エネルギー施設などミッションクリティカルな用途向けなど

制御/設定/KPI

IoTハブや、IoTノードをクラウド上で制御・管理

大容量・高速通信

大量データ通信が必要なサービスへの適用
(例)セキュリティカメラ、ディスプレイ